2010年7月28日水曜日

twitterクライアント開発でOAuthを使う方法(調べた内容の備忘録)

OAuthでできなかったのは、ブラウザに一旦制御を預けたら、
こちらに戻ってこなかったから。

でも調べてみると、WebViewなるビューがあって、
これを通じてブラウザ機能が使えるとか。

ってことはOAuth対応もできるんじゃないのかな。

よく分からないけど、作ってみてから判断。
このエントリーをはてなブックマークに追加

超簡易twitterクライアント開発を通じて学んだこと。

Twitter4jの使い方部分で分からないところは置いておいて、
このアプリ開発でできたこと。

・2つのアクティビティを作る。
・インテントを使ったアクティビティ間の情報のやり取り
 startActivityによる片道、
 startActivityForResultによる往復ともにできた。
・設定ファイル(?)への書き出し
・xAuth

とりあえず、マニフェストファイルがまだ分からない。
買った本にはまともな説明がない。
追々勉強。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年7月26日月曜日

インテント

android独自の仕組みでかなり使えるという、
「インテント」がまだちょっと分からない。

アプリ間で情報を受け渡すオブジェクト的な理解でいるけれど、
まだまだ分かっていないので実際に扱えない。

例えば、ブラウザで取得したデータ
(twitterのOAuth認証で取得したaccess_tokenとか、検索結果とか)を、
アプリに戻してからブラウザが閉じる、みたいな挙動が実現できない。

これはインテントを使ったアプリ連携の仕組みが分かってないから。

今の課題。
このエントリーをはてなブックマークに追加

初アプリ



androidアプリ開発のお勉強として、
まずしょーもないTwitterクライアントを作ってみた。
単に定型文をtweetするだけ。

しかし、実は現段階でOAuthしか使えていないので、
まともに動かない。

xAuthに対応するために、twitterサポートにメールで依頼中。
Thank you, Brian.
このエントリーをはてなブックマークに追加