2011年12月18日日曜日

「ねちゃったー」がandronaviに掲載されました。

拙作アプリ「ねちゃったー」がandronaviに掲載されました。
またまた有名サイトへの掲載です。

記事については右のURLからご覧ください。 → http://andronavi.com/2011/12/148289

ツイートの内容は変更できない、と間違ってはいますが、とりあえず掲載されたので嬉しいです。
ありがとうございます。
【追記:2011/12/19】
早速修正をいただきました。

もしお使いいただけるようでしたら、下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter4j-2.2.xを使ったツイートのコーディング例

以前、こちらのエントリーでTwitter4jの使い方を説明しましたが、2.1系から2.2系で使い方が変わったので、内容を修正しました。

Twitter4j-2.2.xを使ったOAuth認証のコーディング例の続き・・・

■開発環境
・JDK 6

・Android SDK Tools, Revision 13(前のエントリーは6でした。)
・Twitter4j-2.2.4(前のエントリーは2.1.3でした。)


■コーディング例
(移行する場合もあると思うので、2.1系は紫色にして、コメントアウトしています。
初めて実装する場合は、青字と赤字だけでOKです。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter4j-2.2.xを使ったOAuth認証のコーディング例

【セルフPR】
・KOTOO(http://kotoo.in
という写真のまとめサイトを始めました。見てくれると嬉しいです。

---

以前、こちらのエントリーでTwitter4jの使い方を説明しましたが、2.1系から2.2系で使い方が変わったので、内容を修正しました。

Twitterクライアントを作るに当たって、ラクしてxAuthなんて使わずにちゃんとOAuthを使いましょう、という内容です。

でもいざ探すと、Twitter4jとSignpostの併用なんていう気持ち悪いコーディングや、返ってきたaccess_tokenをユーザーにメモらせたり、JavaScriptで解析したりするコーディング等、もうちょっと工夫しようよ的なサンプルばっかりで使い物にならなかったので、Twitter4jのみを使ってグチャグチャながらも自分で作りました。
(このコードも気持ち悪いんですが。)

■開発環境
・JDK 6
・Android SDK Tools, Revision 13(前のエントリーは6でした。)
・Twitter4j-2.2.4(前のエントリーは2.1.3でした。)

■前提
1.アプリケーション登録が完了している。(※)
※OAuthを使う場合、クライアントアプリであっても、
「ブラウザアプリケーション」として登録する。
2.Twitterに飛ぶためのボタン1つだけのActivity(以下、Activity1)と、
Twitterの認証画面を表示するActivity(以下、Activity2)の構成(※)。
※Activity2用に、WebViewを使ったレイアウトをあらかじめ作成しておく。
このレイアウトに設定したWebViewは、WebView01というIDにしています。

■注意点
1.CALLBACK URLには適当な文字列を設定しておく。
Twitterのアプリ登録で指定したCALLBACK URLとは別にしておいた方が混乱しない。
2.下記コードの中で「oauth_verifier」という文字列が出てくるが、
これはaccess_tokenとaccess_token_secretを付与してもらうためのキー。
3.例外処理は簡略化のために省いています。

■コーディング例
(移行する場合もあると思うので、2.1系は紫色にして、コメントアウトしています。
初めて実装する場合は、青字と赤字だけでOKです。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ねちゃったー」があのTarzanに掲載されました。

ちょっと前の話ですが、あの買った時点で満足する雑誌No1のTarzanに、拙作アプリ「ねちゃったー」が掲載されました。

一見「ねちゃったー」はフィットネスとは全然関係ないように思えますが、本当に関係がありません。

たまたま、テーマが睡眠だったために取り上げられました。

掲載までのプロセスがWebで取り上げられるプロセスと違って、オファー→校正→承認、とちゃんと掲載までのフローに参加できて良い経験でした。
掲載誌もいただけました。
ありがとうございました。

これで、テレビ、雑誌、Webと取り上げられたので、残るは新聞ですかね。
新聞社の方、お待ちしてますよw

ちなみに「ねちゃったー」はこちらからダウンロードできます。
(Android版のみです。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年10月3日月曜日

ねちゃったー for PC に関する雑感メモ

ねちゃったー for PC を作ったらどうなるかを考えたときのメモ。

PC付けっぱなしにするわけにもいかないから、鳴らない。
鳴らないということは止めるという動作がない。
止めなければスヌーズがないということで、何度寝なのか分からない。
そもそもツイートする意味あるのかな。
PC版では、使いたければどうぞという機能かな。

PC自体が鳴らないなら、電話番号を登録してもらって、それを鳴らせばいい。
ボタン操作でスヌーズかストップ。

決められた音声を自動再生でもいいし、起こされたい音声ファイルをアップロードしておいてもいい。
twilio使えばできそう。(最初に参考にしたURL:http://neta.ywcafe.net/001114.html

ちなみに、「Talk O'Clock」なんていうサービスもあるけど、自分で選べるとは言え、見ず知らずの人に起こされることの抵抗感は半端ない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年8月23日火曜日

「ねちゃったー」がテレビで紹介されました。

日本テレビのiConっていう深夜番組で、拙作アプリ「ねちゃったー」が紹介されました。
iConのFacebookページからご覧いただけます。
Facebookアカウントをお持ちでない方は・・・ごめんなさい。

約4分半の映像の内、2分40秒から最後まで「ねちゃったー」の話題で占めてます。
超満足。

映像の中で「作った人の動機を知りたい」というコメントもありましたが、
「ソーシャル目覚まし」というコンセプトですので、
動機は誰かに起こして欲しいというだけです。
別に二度寝という恥を晒しすためとかではないです。

ただ、これでダウンロード数増えたわけではなく、何も変化ないです。
Androiderに紹介された時の方は激増しました。
深夜番組で話題も超ニッチだからでしょうけど、そんなコンテンツはテレビ向きじゃない気がしました。
すみません、生意気言いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月31日日曜日

Facebookアプリのアクセス許可ダイアログの表示方法

最初から言い訳しますが、Facebookアプリと言ってますが正しい用語が分からないです。
Facebookページに追加するアプリのことです。
Canvas Pageとも呼ぶんですかね。
親切な人、教えてくださいな。

Facebookアプリを使うときに、そのアプリに対してアクセス許可をしていなければダイアログが出ますが、
1.新しいウインドウが開いて、そこに承認画面が表示されるタイプ
2.ページ内にダイアログのレイヤー(lightbox的なカンジ)が表示されて、そこに承認画面が表示されるタイプ
の2種類あります。

言葉で説明するのは難しいので、実際に見てください。
1は、画面左にあるメニューの「承認方法テスト(別ウインドウに表示版)」から、
2は、「承認方法テスト(ページ内に表示版)」から試してください。
このブログのFacebookページ

1はポップアップブロックに引っ掛かってしまうという大弱点がありますし、
Facebook公式アプリの認証が2なので、できれば2にしたいと思い、
調べたけどなかなか分からないので試行錯誤を重ねまして、その成功したコードを紹介します。
(Javascript SDKを使いました。)

1のコード:
<div id="fb-root"></div>
<script src="http://connect.facebook.net/ja_JP/all.js"></script>
<script type="text/javascript">
  FB.init({
    appId  : 'アプリのApp ID',
    status : true,
    cookie : true,
    xfbml  : true
  });
  FB.getLoginStatus(function(response) {
    if (response.session) {
      // 許可済みの時の挙動
    } else {
      FB.ui({
        method: 'permissions.request', // 
        display: 'popup'
      },
      function (response) {
        if(response.session){
          // 許可されたときの挙動
        }else{
          // 許可されなかったときの挙動
        }
      });
    }
  });
</script>
2のコード:
<div id="fb-root"></div>
<script src="http://connect.facebook.net/ja_JP/all.js"></script>
<script type="text/javascript">
  FB.init({
    appId  : 'アプリのApp ID',
    status : true,
    cookie : true,
    xfbml  : true
  });
  FB.getLoginStatus(function(response) {
    if (response.session) {
      // 許可済みの時の挙動
    } else {
      FB.ui({
        method: 'auth.login',
        display: 'iframe' // pageでもOK。違いはよく分からんw
      },
      function (response) {
        if(response.session){
          // 許可されたときの挙動
        }else{
          // 許可されなかったときの挙動
        }
      });
    }
  });
</script>

違うのは赤字の部分です。
<script></script>の部分は、<head>内に入れてもOKですが、
離れてるのもイヤなんで<body>に置いてます。
</body>の直前に入れるのが描画上良いんでしたっけね。
まあ細かいことは置いておきます。

で、普通考えればdisplayだけ変えればいいような気がしますが、違ったんです。
auth.loginは使われなくなって、permissions.requestを代わりに使えという話もあるんですが、
permissions.requestはバグのせいか何かでdisplayがpopupしか使えないみたいです。
なので、auth.loginを使っています。(いずれpermissons.requestが使えるんでしょうかね。)

リファレンスが公式にも少なくて手探り過ぎて笑えます。
これ、仕事でやってる人は大変そう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月4日月曜日

freelancer.comの使い方(発注先決定・支払編)

freelancer.comの使い方の後半です。
前回の「freelancer.comの使い方(発注先選定編)」はこちらから

案件の公開、発注先の選定に比べると用語が独特で分かりにくかったです。

では発注先の決定から支払の手順です。

1.
入札者の精査をして、発注しようという人を見つけたら、
「AWARD PROJECT」ボタン(画像の赤丸部分)を押します。
ちなみに、複数人に発注できるようです。
当然その分費用は掛かりますが。


2.
すると、入札者リストの上部に下の画像のような表示が出てきます。
ここで、まず「Create Milestone」(画像の赤丸①)をクリックします。
すると、その下に画像の赤丸②のような表示が出てきます。
ここに、フリーランサーが指定している「Milestone」の金額(※)を入力して、
その横にある「CREATE MILESTONE」ボタンを押します。
※「Milestone」は入札額の下に表示されています。
 下の画像の場合では「Fully paid」となっていますが、
 これは「Milestone」を支払済であることを示しています。

なお、「Milestone」とは前払金を意味する用語で、
発注者が成果物だけ受け取って逃げる事故と、
フリーランサーがお金だけ受け取って逃げる事故を避ける仕組みです。
一旦、「Milestone」を発注者からfreelancer.comが預かり、
案件終了後に発注者からの指示でフリーランサーに渡される、という流れです。
「Milestone」の金額は人によってまちまちで、
フリーランサーごとに入札額の下(画像の赤丸③)に表示されています。
表示されていない場合は「Milestone」は不要、という意味です。
一般的なmilestoneとは意味が違うのでご注意を。

「Milestone」の支払がないと案件に着手してくれないので、
発注したら早々に支払ったほうが良いと思います。


3.
案件がスタートしたら、後は直接案件の進捗や成果物についてやり取りをします。
今回はロゴの作成を依頼したのですが、
コンセプトの伝達から微修正含めて10往復くらいやり取りしました。

で、成果物に納得ができれば費用の支払をします。
「Transfer Funds」(画像の赤丸①)をクリックします。
すると、その下に画像の赤丸②のような表示が出てきます。
ここに入札金額と同じ金額を入力して、その横にある「TRANSFER FUNDS」ボタンを押します。

「Milestone」で全部充当できればそのまま支払は完了します。
足りない場合は別途Paypal等で入金した上で支払います。


4.
支払が完了すると案件終了となり、案件公開時に支払った5ドルが返金されます。

これがfreelancer.comのおおまかな使い方です。
もし使うことがあれば、その時は参考にしてもらえれば幸いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年7月3日日曜日

google+を使い始めると良いこと(その1)

Picasaの制限容量は1GBですが、google+を使い始めると長辺が2048ピクセルの写真と15分以内の動画が、
その制限から除外されるみたい。

確かにgoogle外に逃がすわけないし、Streamに画像やら動画流しているうちにPicasaの制限にすぐひっかかるわな。

というわけで、Picasaの空き容量が格段に増えましたとさ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年6月30日木曜日

freelancer.comの使い方(発注先選定編)

先日、ひょんなことから「freelancer.com」を使うことがあり、
freelancer.com用語がよく分からずしょーもないことで時間を食ったので備忘録。
freelancer.comの日本語での使い方解説記事が見当たらなかったので、
「発注先選定編」「発注先決定・支払編」の2部構成でまとめます。
(ですが、ユーザー登録や入金等、別に困らなさそうなところは端折ります。)

まずはfreelancer.comの使い方前半の発注先選定から。
(後半の「freelancer.comの使い方(発注先決定・支払編)」はこちらから。)

0.
freelancer.comは簡単に言うと、案件を公開して世界中のフリーランスに入札してもらい、
誰に発注するかをプロジェクトの完了と費用の決済まで面倒を見てくれるサービスです。

1.
まずログイン。facebookのアカウントでログインできます。


2.
次に案件の登録。
「Post Project」をクリックします。見にくいですが下の画像の赤丸の場所です。


3.
案件の概要を英語で入力します。
詳しく書くに越したことはありませんが、
「この画像をレタッチして」とか「このサービスの営業して」みたいに、
かなり適当に書いてるものが多くあるので、
それほど詳細に書かなくても大丈夫っぽいです。
他には
・案件対応に必要なスキル
 Category(画像の赤丸①)を選ぶと、必要なスキル(画像の赤丸②)が自動的に選択されます。
 プロジェクトの内容に応じてスキルを追加したり削除したりできます。
・予算
 最低30ドルからで範囲指定もできるし、ピンポイントで指定もできます。
・入札期間
 デフォルトが5日です。
・その他オプション
 目立たせたり、誰が入札してるのかを他の人から見えなくしたりできます。
 追加費用が掛かるし、試してませんので詳細不明。


4.
入力内容を確認します。
この内容で良ければ「POST PROJECT NOW」を押します。
ただ、プロジェクトを公開するにはデポジットとして5ドル必要です。
これはプロジェクトが完了したタイミングで戻ってきます。
画面右上の「Balance」に表示されている金額が5ドルに満たなければ入金画面に遷移します。
(入金にはPaypalが使えるので、説明は省略します。)


5.
あとは入札(bid)を待つのみです。
入札の一覧は「Dashboad」→「My project」で開く画面に表示される、
プロジェクト名のリンク(画像の赤丸部分)をクリックすれば確認できます。
(画像では「Past Project」タブにプロジェクトが表示されていますが、
 公開中のプロジェクトは「Open for Bidding」に表示されます。)


6.
プロジェクトに対する入札一覧は下の画像のような画面に表示されます。
各入札の内容を見たり、入札をしてきた人にメッセージを出したりできます。
また、気に入らなければ「Hide Bid」を押すと消えます。(厳密には「Hidden Bids」タブに移動します。)


7.
プロジェクトの公開時に設定した期限まで入札内容を吟味します。
(気に入った人が見つかれば期限前に決定することも可能です。)
なお、設定した期限までに発注先を決めないと、
デポジットの5ドルは没収されますのでご注意を。

発注先選定はこれまです。
発注先決定・支払編に続きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年6月29日水曜日

freelancer.comを使って思ったこと。

クラウドソーシングサービス(というよく分からないジャンル)の「freelancer.com」を使ってみた。

「ロゴを作って欲しいのだが」という人がいたので、
俄に話題になっていたこのサービスを使うことにした。

たった30$でロゴが1つできあがる。
個別にロゴ作成を依頼すると1万円位掛かったりするのが、たった30$。
しかも早くてクオリティが高い。
もちろん日本語はほぼNGやけど、サイトのロゴはだいたい英語やし。

入札してきた人が約60名いるけど、インドが33%、パキスタンが20%、
その他ボリビアとかモロッコとか諸々。

これらの国にとっては物価から考えるに、30$っていうのは大金のはず。
なので、こちらの納得のいく成果物になるまで必死でやってくれる。
文化の違いとか感性の違いか「こんな感じで」というのがなかなか伝わらないけど、
何度でも修正に応じてくれるので問題なし。

ロゴ作成の話やと、例えば6,000円でロゴ作るよと営業して、
30$でやってもらえば3,500円近く抜ける。
こういう類の作業、例えば似顔絵描きとかでもやれば、
軽いお小遣い稼ぎにはなるよね。
どうやって認知させるかに苦労しそうやから多分しないけど。

freelancer.comのトップページにあるカテゴリーリストを見ると、
やってもらえることがかなり多岐に渡るので、
日本人でないとできない作業・業務でなければ、試しに利用してみたら良いと思う。

すごいね、グローバル化。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年5月8日日曜日

Apache が悪いのか、何が悪いか分からんが。

Wordpress をインストールして、固定ページにアクセスすると、
コンテンツが画像と判定されてダウンロードが始まる。

Content-type を見ると、text/html じゃなくて、image/ になってた。

Chrome では100%発生するし、
Firefox とかIE でもたまに発生するので、
Apache のせいかもしれない。

で、Apache の設定をいじってるので、ひとつひとつ潰すと、
disk_cache を有効にしているとダメっぽかったので、
とりあえずコメントアウト。

これで解決。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年5月6日金曜日

OGP対応したものの・・・

個別記事の管理用ページとインサイトへのリンクが表示されない。

要解決。

<追記>
og:type を article から blog に変えたら表示された。
しかし、Facebookのヘルプを見ると、 blog にしていいのはトップページだけで、
それ以外は article にしろとのこと。
Do not use って書いてるくらいなので、ダメなんでしょう。

というわけで、表示されないままでいきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

OGP対応まとめメモ

設定のたびに、
http://blog.livedoor.jp/gx_socialmedia_lab/archives/2624886.html
を参照しているが、
しばらくするとこのページの存在を忘れそうなので、
備忘録代わりに設定メモ。

1.アプリ登録
http://developers.facebook.com/setup/
App IDをメモっておく。

2.Likeボタンのコード取得
http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like/
「STEP1」の部分。

3.OGP用コードの取得
http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like/
2と同じページの「STEP2」の部分。

4.OGP用コードの修正
metaタグの fb:admins を fb:app_id に変えて、1で取得したApp IDをその値とする。

5.descriptionの設定
<meta property="og:description" content="">
を設定。
contentに任意の文字列を設定。

6.htmlタグに属性2つ追加
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"
xmlns:fb="http://www.facebook.com/2008/fbml"

7.チェック
http://developers.facebook.com/tools/lint

Bloggerだと、
■ブログのタイトル下に表示する場合

<iframe allowTransparency='true' expr:src='"http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=" + data:blog.homepageUrl + "&send=true&layout=standard&width=100%&show_faces=true&action=like&colorscheme=light&font&height=65"' frameborder='0' scrolling='no' style='border:none; overflow:hidden; width:100%; height:65px;'/>


■ブログの各記事のタイトル下に表示する場合

<iframe allowTransparency='true' expr:src='"http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=" + data:post.url + "&send=true&layout=standard&width=100%&show_faces=false&action=like&colorscheme=light&font&height=80"' frameborder='0' scrolling='no' style='border:none; overflow:hidden; width:100%; height:80px;'/>
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年4月19日火曜日

「ねちゃったー」のアラーム音を変えたい方へ

「ねちゃったー」のコメントを見てると、「アラーム音にバリエーションがほしい」というコメントがありました。

「ねちゃったー」ではアラーム音はひとつも用意していません。
アラーム音の設定画面に出てくる音は、全てAndroid自体が持っている音です。
ガラケーのように用意されている中から妥協して選ぶより、自分が好きな音楽を設定できる方が格段に良いでしょう。

そこで、自分の好きな音楽をアラーム音に使いたい場合は、「Tone Picker」っていうアプリを使ってください。
これひとつで電話やメールの着信音も好きな音楽に変えられるので。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年3月6日日曜日

「ねちゃったー」がandroiderに掲載されました。

拙作アプリ「ねちゃったー」がandroiderに掲載されました。
先日のベクターに続く、有名サイトへの掲載です。

記事については右のURLからご覧ください。 → http://bit.ly/hZzmxr

しっかりと使い方の注意まで書いていただいており、
とても良い紹介記事になっております。
ありがとうございます。

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年2月28日月曜日

Googleカレンダー用2011年シーズン阪神戦スケジュール

androidは全然関係ないですが、せっかく作ったので公開します。

Googleカレンダー用の2011年シーズン阪神戦スケジュールです。
http://bit.ly/e4GKJ7(Googleカレンダーにリンクします。)

表示後、画面右下の「+Googleカレンダー」というボタンを押すと、
お使いのGoogleカレンダーに取り込まれます。

表記をカスタマイズしたり、オリジナルのカレンダーとして使いたい、
というご希望がありましたら、ソースのCSVを差し上げますので、
TwitterでDMかMentionをください。
Twitterのアカウントは、ky25_android です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年2月6日日曜日

bloggerアプリ

使う機会はなさそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年1月29日土曜日

「ねちゃったー」の二度寝回数のカウント方法を変えました。

元ソーシャル目覚ましアプリ、
現自動ツイート機能付き目覚ましアプリ「ねちゃったー」をバージョンアップしました。

これまで、複数のアラームを設定している状態でスヌーズすると、
場合によっては「三度寝」の後に「二度寝」のツイートがされていました。

これはアラームごとに二度寝の回数を数えていたためですが、
今回はこれを一本化して、スヌーズをするたびに二度寝回数が
カウントアップするようにしました。

あと細かいですが、十度寝以上したときも正しくツイートするようにしました。
(今までは「0度寝中」となっていました。)
ありえないのですが、十九度寝までは正しく表示されるようにしています。
もしヒマな方がいらっしゃいましたら、二十度寝を試してみてください。

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年1月28日金曜日

「ねちゃったー」のアラーム停止時のバグを修正しました。

複数のアラームを設定しているときに、
ひとつのアラームをスヌーズして再びアラームが鳴る時間と、
別のアラームの時間が重なっている場合、
アラームを止めたときに通常の「二度寝中」や止めた旨のツイートに加えて、
もう一つ止めた旨のツイートが流れるバグを修正いたしました。

通知領域からスヌーズを解除できるようにしたことで顕在化したバグでした。

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年1月24日月曜日

いわゆる、魔法の五行(2011年1月24日改訂版)

ちなみに今はもう古いかもしれませんのでご注意を。

なんか、魔法の五行のエントリーが急に増えたこともあり、
5行じゃなくなった魔法の五行について、備忘録代わりに記事化。

ro.ril.oem.ecclist=110,118,119
ro.ril.enable.a52=0
ro.ril.enable.a53=1
ro.ril.hsdpa.category=8
ro.ril.hsupa.category=5
ro.ril.hsxpa=2
ro.ril.fast.dormancy.timeout=3
ro.ril.enable.sbm.feature=1
ro.ril.disable.fd.plmn.prefix=23402,23410,23411
ro.ril.enable.sdr=0
ro.ril.oem.mosms.mode=1
ro.telephony.default_network=2
ro.ril.def.agps.mode=2
ro.ril.def.agps.feature=2
ro.ril.disable.power.collapse=1

以上です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年1月21日金曜日

AdMakerとAdlantisの比較(利用1日の感想)

Androidアプリに広告を組み込んでいるが、ひとつのアプリをAdlantisからAdMakerに変えてみました。
で、両方1日(AdMakerは1時間ほど)しか使っていないけど両者の比較を。

1.実装
Adlantisの方がスマート。
Adlantisはソースコードに手を加えなくても良いけど、
AdMakerは広告を表示するActivityにコードを追加しないといけない。
これはちょっとイヤ。
この感覚分かるかな。

2.チュートリアル
これもAdlantisの勝ち。
AdMakerはパワポ資料がjarファイルに同梱されてるが、
貼り付けろと言うコードをそのままコピペすると、
全角スペースやらムダな改行があってめんどくさい。
あと、日本語が間違ってる。
こういうのは本当に勘弁して欲しい。
AdlantisはAdlantisでチュートリアルそのままではエラーになりますが。

3.管理系
これは引き分け。マストシステムならAdlantisの勝ち。
どっちも足りない。
それぞれのイケてない点は以下のとおり。
-Adlantis
管理画面に複数のアプリの収益合計が表示されない。
現金化の方法が分からない。(ヘルプにも説明がないw)
マーケットのURLを正しくないと言われる。
-AdMaker
パスワードがそのまま送ってくるし、変更もできない。
広告枠名の編集ができない。

4.広告
これもAdlantisの勝ち。
AdMakerは自社(ノボット社の)広告しか表示されないんですが。
あと、レイアウト上は縦70dpとあるのに、
配信される広告の縦は50dpくらいかな。
合わせてよ。

多分、Adlatisにします。

AdMakerは正直言ってマーケットが大きいから早く手掛けようという気持ちが強すぎて、
サービスレベルが低すぎる。
チュートリアルがその体をなしていないとか、
パスワードを平文で送ってくるとかあり得ない。
いくらネットのサービスだからといって、バグがなければ良いってもんでもないよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「メモリアルメモったー」のバグを修正しました。

記念日リマインドアプリ「メモリアルメモったー」のバグを修正しました。
ある条件の時に「あと○日」形式の日数計算が間違っていました。

もし興味を持たれた方は、下記のQRコードを読んで、
マーケットからダウンロードしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年1月19日水曜日

「ねちゃったー」の動作スピードを速くしました。

元・ソーシャルモーニングコールアプリ「ねちゃったー」の、
「スヌーズ」「停止」を押した際にアラーム音が止まるまでのタイムラグを短くしました。

ツイート文面を作成してツイートする処理をスレッド化して、
ボタンを押してからアラーム音停止までの時間を短縮しました。

実は以前から複数のユーザーの方から、
「止めてもすぐに止まらないのが不便」との報告があったのですが、
私自身がその問題をあまり問題視してなかったのです。
しかし、最近それが気になってきてしまいまして、
今回の改修に至ったわけです。
黙殺した形になってしまって申し訳ございませんでした。

すぐ止まってしまうので逆に不安になってきましたw

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Adlantisに変更してみた。実装例あり。

【セルフPR】
・ねこぱβ(http://cat.picparks.com
・いぬぱβ(http://dog.picparks.com
も見てくれると嬉しいです。

---

拙作アプリ「ねちゃったー」の広告表示モジュールをAdmobからAdlantisに変更してみました。
# べ、別にGREEのAtlantis買収にかこつけた変更じゃありません。

AdlantisがAdmobに比べて良いところは日本語なので説明が分かりやすいところ。
広告収入は考えていないのでインプレッションとかはどうでもいいw

「コードの更新があります」とか意味不明な表示が出ていたのも原因。
jarファイルを差し替えても直らないからひそかに腹立ってました。

さて、これだけではアレなんで、デフォルト以外の実装例を書いておきます。

デフォルトでは広告は上部に表示されます。
下部に表示したいときは、レイアウトファイルに貼り付ける広告枠コードの属性に、
android:layout_gravity="bottom"

を追加するだけです。

あと、2011年1月19日時点で、広告枠コードに
android:id="@+id/adView"

という属性が重複してるのでそのまま貼り付けただけではエラーになります。
ご注意を。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ねちゃったー」、窓の杜デビューしましたw

「ねちゃったー」が窓の杜に掲載されました~!

感慨深いですな。

窓の杜の担当者様、ありがとうございました。

記事はこちらです↓
http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/androidlab/20110112_419701.html
このエントリーをはてなブックマークに追加