2011年12月18日日曜日

Twitter4j-2.2.xを使ったツイートのコーディング例

以前、こちらのエントリーでTwitter4jの使い方を説明しましたが、2.1系から2.2系で使い方が変わったので、内容を修正しました。

Twitter4j-2.2.xを使ったOAuth認証のコーディング例の続き・・・

■開発環境
・JDK 6

・Android SDK Tools, Revision 13(前のエントリーは6でした。)
・Twitter4j-2.2.4(前のエントリーは2.1.3でした。)


■コーディング例
(移行する場合もあると思うので、2.1系は紫色にして、コメントアウトしています。
初めて実装する場合は、青字と赤字だけでOKです。)
  // ここはTwitter4jは関係無いので前と同じです。  
  // 記録していた設定ファイルを読み込む。
  SharedPreferences pref =
    getSharedPreferences(
      PREFERENCE_NAME,
      MODE_PRIVATE);

  // ここもTwitter4jは関係無いので前と同じです。  
  // 設定ファイルからoauth_tokenとoauth_token_secretを取得。
  String oauthToken  = pref.getString("oauth_token", "");
  String oauthTokenSecret = pref.getString("oauth_token_secret", "");

  // ツイートの準備  
  ConfigurationBuilder builder = new ConfigurationBuilder();
  builder.setOAuthConsumerKey(CONSUMER_KEY);
  builder.setOAuthConsumerSecret(CONSUMER_SECRET);
  builder.setOAuthAccessToken(oauthToken);
  builder.setOAuthAccessTokenSecret(oauthTokenSecret);
  Configuration config = builder.build();  
  // Configuration config = new ConfigurationBuilder().build();  

  // twitterインスタンスを取得する。  
  Twitter twitter = new TwitterFactory(config).getInstance();
  // Twitter twitter =
  //   new TwitterFactory(config).getInstance(
  //     new OAuthAuthorization(
  //       config,
  //       CONSUMER_KEY,
  //       CONSUMER_SECRET,
  //       new AccessToken(oauthToken, oauthTokenSecret)));

  // ここは2.1系と同じです。  
  // 任意の文字列を引数にして、ツイート。
  twitter.updateStatus("ツイート本文");    
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿