2013年1月25日金曜日

PhoneGapでAdMobを使う(Android版)

PhoneGapでアプリを作って広告収入でお小遣いが入ればいいな、ということで、そのやり方の紹介です。

PhoneGapでアプリを作るときに使う技術って、基本的にはHTML+JavaScript+CSSなので、ワンソースでiOSアプリもAndroidアプリも作れて、めっちゃ簡単。

でも、広告掲載みたいな外部SDKを使うとなるとワンソースじゃ無理なので、OSごとの実装が必要になります。

で、PhoneGapで作ったiOSアプリにAdMobを載っける方法はどなたかがまとめておられます。
http://webdelog.info/2012/09/iphone/cordova-phonegap-ios-admob/

それのAndroid版が日本語で見つからなかったのでここでまとめておきます。
といっても、
https://github.com/phonegap/phonegap/wiki/In-App-Advertisements
に載ってるの抜粋&翻訳です。

SDKのダウンロードとかパブリッシャーIDの発行とかは省略します。

まず、AndroidManifest.xmlのandroid:targetSdkVersionの値が"13"以上になっていることを確認して、applicationタグで囲まれた部分に、
<activity android:configChanges="keyboard|keyboardHidden|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize" android:name="com.google.ads.AdActivity"></activity>
を追加。

で、Javaの方にある○○Activity(だいたい、アプリケーション名+Activityっていう名前)に、
public class ○○Activity extends DroidGap {
    private Handler mHandler = new Handler();
    private AdView adView;
    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        super.loadUrl("file:///android_asset/www/index.html");
        mHandler.postDelayed(new Runnable() {
            public void run() {
                doAdMob();
            }
        }, 5000);
    }
    private void doAdMob() {
        adView = new AdView(this, AdSize.BANNER, "パブリッシャーID");
        LinearLayout layout = super.root;
        layout.addView(adView);
        layout.setHorizontalGravity(android.view.Gravity.CENTER_HORIZONTAL);
        AdRequest request = new AdRequest();
        adView.loadAd(request);
    }
}
を追加。

でもこれはLocalStorageを使う場合の実装。
広告を遅らせて表示することでLocalStorageの情報が消えないらしい。
LocalStorageを使ってない場合の実装は、参照元のページを見てください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿