2013年2月18日月曜日

「ねちゃったー」の日本語化をクラウドワークスを使ってやってみた。

前回の続きです。

Freelancer.comを使ってインドの方に開発していただいたのでもちろん英語で納品されました。

しかし、僕自身が日本人ですし、Android版「ねちゃったー」のユーザーはほぼ日本人なので、日本語化が必須です。

最初は自分でやろうとしたのですが、ここでもObjective-Cのさっぱりさにより断念。

というわけで、クラウドワークスで日本語化してもらう方を募集しました。
https://crowdworks.jp/public/jobs/4676

ご提案内容で金額に幅はあったのですが、今回は機能のブラッシュアップやバグ修正もお願いしたかったので、それも含めてご提案していただいた方に発注しました。
https://crowdworks.jp/public/employees/1307

価格は3万円
日本語化だけならもう少し安く抑えられたと思います。

で、発注後すぐに日本語化されてきました。
慣れてる人だとすぐできるようですね。

あといくつか機能追加もしてもらいまして、予定の10日間から大幅前倒しの4日間で納品していただきました。

最初から高いクオリティでしかも超速対応。
海外との比較で価格が多少高くなろうが、こういうところに大きな価値があります。

そこを重視せず極力費用をかけないのであれば、日本語が堪能な外国人も世界にはたくさんいるようなので、海外のクラウドソーシングサービスで日本語化をするのも良いかもしれないです。

海外でアプリを作ってもらった後の日本語化について方策を検討されている方の参考になれば。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿