2013年2月18日月曜日

社内で開催される「新規ビジネス『アイディア』コンテスト」は超ダサい。

世の中には企画やアイディアを出すことが目的になっちゃってる人たちがいっぱいいます。
「あれは俺も考えてた。」「昔考えたことがあった。」
だっせー。クソだっせー。

あと、アイディア集団やらクリエイティブ集団と称する会社もあるよね。
アイディア出すのが仕事か?クリエイティブな企画をするのが仕事か?
だっせー。クソだっせー。

企画やアイディアっていうのは形にして初めて価値が出るのであって、形になる前のそれ自体はクソみたいな寝言・妄言。

CCCの増田社長は確かにTSUTAYAという企画を実現させて、レンタル文化を作り上げた。
これはすごい。

いっぱいあると思うけど、某社では「企画こそ命!」であるとして新規ビジネスアイディアコンテストを開催し、優秀者を表彰までしちゃう。
その後はというと、そこまで。
「そのアイディア、すげーな」「そのサービス、便利!」
だっせー。クソだっせー。

なんでやらないかというと、多くの場合、それなりに労力とお金が掛かるから、というアホな理由。
じゃあやらせんな。

そこで提案したいのが、1チーム50万円くらいの予算をつけて、クラウドソーシングを使ってアイディアを実現させて勝負するコンテストです。
(もちろん自分で作ったらそんなに掛からないけど、そうそう作れる人はいないし時間も掛かる。)

世の中にある「ビジネスコンテスト」ってアイディアを形にしていないと参加資格がない。
それが企業内のコンテストになった途端にアイディアで良いなんてナメてるわな。

というわけで、クラウドソーシングに不安感を持ってる人、導入してみたいと思ってる人は、まずはこういう本業とは関係が薄いところから使い始めてみたらどうかな、と思う次第です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿