ラベル android の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル android の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2014年7月22日火曜日

UnityでEclipse用にエクスポートしたプロジェクトのアップデート方法

UnityでコーディングしてEclipseでAPK作成の方法は前回書いたとおりだが、今回は、修正点をフィックスしたり機能追加したりでアップデートするときにはどうしたらいいのか、というお話。

また一からインポートしたりするとせっかく修正したAndroidManifest.xmlが元に戻るので手で修正しないといけない。
でも毎回修正した点を漏れなく修正するのってめんどくさいし、漏れそう。

というわけで、どうするかというと、エクスポートしてできたフォルダのassets/binの直下にあるDataという名前のフォルダを入れ替えればOK。

念のため古いDataフォルダはどこかに退避させてassets/binの下には何もない状態にしておいて、新しいDataフォルダをコピーするのが一番安全。

2014年7月20日日曜日

UnityでコーディングしてからEclipseでAPK作成する際にやったこと

Unityで作ったものをAndroid用にエクスポート(方法はググってください)できますが、
そのエクスポートされたものをそのままEclipseにインポートしても、
そのままだとエラーが出て動かなかったので、その対処方法を紹介します。

ビルドはできますが実機やエミュレーターで動かそうとしたら、
下のようなExceptionが吐かれます。
java.lang.RuntimeException: Unable to start activity ComponentInfo{*.*.*/com.unity3d.player.UnityPlayerProxyActivity}: android.content.ActivityNotFoundException: Unable to find explicit activity class {*.*.*/com.unity3d.player.UnityPlayerNativeActivity}; have you declared this activity in your AndroidManifest.xml?
(注)「*.*.*」はアプリのパッケージ名です。
要するに、Activityが見つからないけどAndroidManifest.xmlに書いとるんけ、というエラーです。

そんなとき、AndroidManifest.xmlの
<activity android:label="@string/app_name" android:screenOrientation="portrait" android:launchMode="singleTask" android:configChanges="mcc|mnc|locale|touchscreen|keyboard|keyboardHidden|navigation|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize|fontScale" android:name="*.*.*.UnityPlayerNativeActivity">
(注)「*.*.*」はアプリのパッケージ名です。
の赤文字の部分を
<activity android:label="@string/app_name" android:screenOrientation="portrait" android:launchMode="singleTask" android:configChanges="mcc|mnc|locale|touchscreen|keyboard|keyboardHidden|navigation|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize|fontScale" android:name="com.unity3d.player.UnityPlayerNativeActivity">
に変えたらOKです。

となると、指定のパッケージの直下にUnityPlayerNativeクラスができているけど、
これは意味ないってことですな。

ホンマかいな。

2013年8月18日日曜日

AndroidアプリにParse.comのプッシュ通知機能を実装する方法+送信する方法

「グロースハック(growth hack)」とかいう流行りつつある単語に乗せられて、プッシュ通知(Push Notification)を使ってみようと思い立ち、この間Facebookに買収されたBaaS(Backend as a Service)のParse.comが提供するプッシュ通知機能を、自作クソゲー「ギリジャン!」に乗せてみたのでそのメモ。
というか、https://parse.com/tutorials/android-push-notificationsの必要部分を抜粋しての和訳。

なお、既にParse.comにアプリの登録をしてることを前提としています。

【実装編】

■AndroidManifest.xml

1.サービス
<service android:name="com.parse.PushService" />
<receiver android:name="com.parse.ParseBroadcastReceiver">
  <intent-filter>
    <action android:name="android.intent.action.BOOT_COMPLETED" />
    <action android:name="android.intent.action.USER_PRESENT" />
  </intent-filter>
</receiver>

2.パーミッション
<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
<uses-permission android:name="android.permission.RECEIVE_BOOT_COMPLETED" />
<uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE" />

■Activityクラス

1.初期化
onCreateメソッドに
Parse.initialize(this, "アプリID", "クライアントキー");
アプリIDもクライアントキーもParse.comの画面(下の画像)に表示されているものを使う。



2.通知を受信する部分の実装
onCreateメソッドに
PushService.setDefaultPushCallback(this, ほにゃららActivity.class);
ParseInstallation.getCurrentInstallation().saveInBackground();
「ほにゃららActivity.class」には、端末上に表示された通知をクリックしたときに表示させたいActivityクラスを書く。
インストール時に、アプリ名(言語によってアプリ名が違う場合はその言語に応じたアプリ名)とかアプリのバージョンとかタイムゾーンがParse.comに送信されるけど、それ以外にも情報がほしければ実装可能。
今回は試しに実装しただけなので省略。

3.トラッキングの実装
onCreateメソッドに
ParseAnalytics.trackAppOpened(getIntent());
通知からアプリが開かれたかどうかをトラッキングしたければ書く。
(普通はトラッキングしたいはず。)

【送信編】

あとはParse.comの管理画面から通知をするだけ。

まず、通知するページにアクセスして、Send a pushボタンをクリック


次に、通知する内容を登録して、Send Notificationボタンをクリック。


実装も送信もめっちゃ簡単。

ただし、何に使うねんと言われてもよく分かりまへん。

2013年7月7日日曜日

enchant.jsでゲーム作ってPhoneGapでスマホアプリ化したった

HTML5+JavaScriptでゲームが作れるフレームワークであるenchant.js(http://enchantjs.com/ja/)で簡単なゲームを作って、それをPhoneGapでラップしてアプリ化してみた。

穴に落ちないようにギリギリでジャンプし続けるだけの超単純なゲームです。
ギリギリでジャンプすることだけが目的なので、ジャンプした後は勝手に飛距離を調整して着地させてます。
キャラがクマなのはenchant.jsに付属してたものをそのまま使ってるだけで、お金か絵心があればオリジナルキャラでやりたかったけどやむなし。



実装上困った点はまた後日まとめるとして、Android4.x系のバグでenchant.jsの最新バージョンが使えなかったこととPhoneGapとの絡みでコールバック地獄が大変。

あと、使いたかったParse.comでスコアの共有。


なんのトラブルもなく超簡単に実装できた。

iPhone版はリジェクトされたのでAndroid版しかないけど、気が向いたら遊んでみてくださいな。


Android app on Google Play

2013年1月24日木曜日

AndroidではAdmobメディエーションでi-mobileが使えない件 → 使えるようになりました(2013/01/24)

Admobメディエーションで広告ネットワークの追加ボタンを押したら使えるアドネットワークの一覧が表示されて、i-mobileもそこに名前が出てくる。

選んだら、設定するIDが3つあるので同じ名前の別物ってわけでもなさそう。

でも、設定してSDK入れて準備できたとおもいきや、ビルドするとAdapterクラスが見つからないというエラーが。
なるほど、アダプターを忘れてたのね、とAdMobのサードパーティのSDKやAdapterがダウンロードできるページに行っても、i-mobileが見つからない。

なので、問い合わせました。
すげー早いレスポンスで感動したんですが、回答にはがっくり。
Androidは未対応です、と。

というわけで、同じような現象が起こったらあきらめろ、という結論でお願いします。

【追記】
と書いた数時間後に、使えるようになりました。
記事を参照してください。
すみません。

[PhoneGap2.3.0]ボクシングの採点アプリ、できました。

とりあえずPhoneGapでアプリを作ってみようと思い、自分でもニーズはなかったのですが、たまたまテレビでボクシングをやってたので、それに影響されてラウンドごとに採点して記録するアプリを作りました。

昔、よく採点してたよなぁ。山本に影響されて。

それはともかく、ディープなボクシング好きなら間違いなく誰もがやっているであろう、テレビや会場で試合観戦しながらの採点。
でも、こんなにスマホを持ってる人が増えてるのにわざわざチラシの裏に書いてる。
しかも調べてみたらまともな採点アプリがない。(「ニーズがないからや」とか言わない。)

というわけで、PhoneGapの勉強がてら作りました。

興味があったらダウンロードして使ってください。

「採点しようぜ」
-Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kyosuke25.socialboxing
-iPhone版
開発中

2012年2月24日金曜日

Android標準ブラウザ+Ajax Upload(fileuploader.js)でファイルアップロード

Androidの標準ブラウザは <input type="file" .... ファイルアップロードができるとかできないとか、色々情報があったのでとりあえず残しておくことにしました。

結論としては、できます。
(Androidのバージョンによるっぽく、エミュレーターでは2.2以上でOKでした。)

で、それじゃしょーもないので、Ajax Uploadを使ってみようと。
Ajax Uploadは <input type="file" .... を使ったファイルアップロードをajaxを使って非同期で実行できるライブラリです。

結論としては、そのままじゃ無理。

どうも、fileSizeとかsizeでファイルのサイズが取れないらしく(サイズが0とみなされる)、ファイルサイズチェックの部分でエラー判定されます。

なので、多分そのエラーチェックが呼ばれる場合に本当にサイズが0のファイルを扱うことになるのはレアケースでしょうから、無理やりサイズを入れる変数に適当な数字を入れました。
そしたら動きました。

以上です。

追記(2012/3/10)
2.2の方でもできない場合があり、ブラウザを変える(標準ブラウザ→Dolphin)とOKという報告もありました。

2012年2月9日木曜日

「ねちゃったー」がR22特別賞をいただきました。

今日、R25 Androidアプリ大賞の授賞式がありまして、ビジネス部門にノミネートされていた「ねちゃったー」が大賞を逃すもR22特別賞をいただきました。

ほかの賞はプレゼンターがおじさんでしたが、R22特別賞のプレゼンターは手島優さん。
てじーはIカップだそうです。9番目です。
間近で見るそれはもうこれまでに見たことがないすごいモノでした。

そんなことが言いたいんじゃない。

今回のAndroidアプリ大賞で
本当の大賞は間違いなくR22特別賞
であった。

その場にいた方も全面的に賛同していただけるに違いない。

こうやって評価されるのって気持ちが良いものですね。

副賞でもらった自称手作りチョコがでかすぎて、食べきれるか不安。



ちなみにテレビの取材も受けました。
日テレのiConっていう番組です。
でもインタビュアーの藤井アナウンサーとトークが全くかみ合わなかったので、ほぼカットでしょう。

関連リンクを上げておきます。
てじーのブログ記事 → http://ameblo.jp/tejimayou/entry-11160055771.html
サーチナの記事(Yahoo版) → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120209-00000054-scn-ent
てじーのブログ記事2 → http://ameblo.jp/tejimayou/entry-11161663207.html

2012年2月7日火曜日

「ねちゃったー」がR25 Androidアプリ大賞にノミネートされました!

R25の第2回Androidアプリ大賞ビジネス部門にノミネートされました。
http://r25.jp/awd/2012/nominate/

応募してみるもんですね。


メディアの取材もあるとかないとか。
これまで取材を受けても顔写真が出たことがないという苦い歴史を覆すことができるでしょうか。

とはいえ、他のノミネート作品があまりに真っ当なアプリなので、こんなふざけたアプリは受賞しないでしょう。

「このアプリに頼らないといけないようなビジネスマンにはなってほしくない」

万が一、取材を受けることになったらこれやな。

2011年12月18日日曜日

「ねちゃったー」がandronaviに掲載されました。

拙作アプリ「ねちゃったー」がandronaviに掲載されました。
またまた有名サイトへの掲載です。

記事については右のURLからご覧ください。 → http://andronavi.com/2011/12/148289

ツイートの内容は変更できない、と間違ってはいますが、とりあえず掲載されたので嬉しいです。
ありがとうございます。
【追記:2011/12/19】
早速修正をいただきました。

もしお使いいただけるようでしたら、下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)


「ねちゃったー」があのTarzanに掲載されました。

ちょっと前の話ですが、あの買った時点で満足する雑誌No1のTarzanに、拙作アプリ「ねちゃったー」が掲載されました。

一見「ねちゃったー」はフィットネスとは全然関係ないように思えますが、本当に関係がありません。

たまたま、テーマが睡眠だったために取り上げられました。

掲載までのプロセスがWebで取り上げられるプロセスと違って、オファー→校正→承認、とちゃんと掲載までのフローに参加できて良い経験でした。
掲載誌もいただけました。
ありがとうございました。

これで、テレビ、雑誌、Webと取り上げられたので、残るは新聞ですかね。
新聞社の方、お待ちしてますよw

ちなみに「ねちゃったー」はこちらからダウンロードできます。
(Android版のみです。)

2011年8月23日火曜日

「ねちゃったー」がテレビで紹介されました。

日本テレビのiConっていう深夜番組で、拙作アプリ「ねちゃったー」が紹介されました。
iConのFacebookページからご覧いただけます。
Facebookアカウントをお持ちでない方は・・・ごめんなさい。

約4分半の映像の内、2分40秒から最後まで「ねちゃったー」の話題で占めてます。
超満足。

映像の中で「作った人の動機を知りたい」というコメントもありましたが、
「ソーシャル目覚まし」というコンセプトですので、
動機は誰かに起こして欲しいというだけです。
別に二度寝という恥を晒しすためとかではないです。

ただ、これでダウンロード数増えたわけではなく、何も変化ないです。
Androiderに紹介された時の方は激増しました。
深夜番組で話題も超ニッチだからでしょうけど、そんなコンテンツはテレビ向きじゃない気がしました。
すみません、生意気言いました。

2011年4月19日火曜日

「ねちゃったー」のアラーム音を変えたい方へ

「ねちゃったー」のコメントを見てると、「アラーム音にバリエーションがほしい」というコメントがありました。

「ねちゃったー」ではアラーム音はひとつも用意していません。
アラーム音の設定画面に出てくる音は、全てAndroid自体が持っている音です。
ガラケーのように用意されている中から妥協して選ぶより、自分が好きな音楽を設定できる方が格段に良いでしょう。

そこで、自分の好きな音楽をアラーム音に使いたい場合は、「Tone Picker」っていうアプリを使ってください。
これひとつで電話やメールの着信音も好きな音楽に変えられるので。

2011年3月6日日曜日

「ねちゃったー」がandroiderに掲載されました。

拙作アプリ「ねちゃったー」がandroiderに掲載されました。
先日のベクターに続く、有名サイトへの掲載です。

記事については右のURLからご覧ください。 → http://bit.ly/hZzmxr

しっかりと使い方の注意まで書いていただいており、
とても良い紹介記事になっております。
ありがとうございます。

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)

2011年1月29日土曜日

「ねちゃったー」の二度寝回数のカウント方法を変えました。

元ソーシャル目覚ましアプリ、
現自動ツイート機能付き目覚ましアプリ「ねちゃったー」をバージョンアップしました。

これまで、複数のアラームを設定している状態でスヌーズすると、
場合によっては「三度寝」の後に「二度寝」のツイートがされていました。

これはアラームごとに二度寝の回数を数えていたためですが、
今回はこれを一本化して、スヌーズをするたびに二度寝回数が
カウントアップするようにしました。

あと細かいですが、十度寝以上したときも正しくツイートするようにしました。
(今までは「0度寝中」となっていました。)
ありえないのですが、十九度寝までは正しく表示されるようにしています。
もしヒマな方がいらっしゃいましたら、二十度寝を試してみてください。

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)

2011年1月28日金曜日

「ねちゃったー」のアラーム停止時のバグを修正しました。

複数のアラームを設定しているときに、
ひとつのアラームをスヌーズして再びアラームが鳴る時間と、
別のアラームの時間が重なっている場合、
アラームを止めたときに通常の「二度寝中」や止めた旨のツイートに加えて、
もう一つ止めた旨のツイートが流れるバグを修正いたしました。

通知領域からスヌーズを解除できるようにしたことで顕在化したバグでした。

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)

2011年1月24日月曜日

いわゆる、魔法の五行(2011年1月24日改訂版)

ちなみに今はもう古いかもしれませんのでご注意を。

なんか、魔法の五行のエントリーが急に増えたこともあり、
5行じゃなくなった魔法の五行について、備忘録代わりに記事化。

ro.ril.oem.ecclist=110,118,119
ro.ril.enable.a52=0
ro.ril.enable.a53=1
ro.ril.hsdpa.category=8
ro.ril.hsupa.category=5
ro.ril.hsxpa=2
ro.ril.fast.dormancy.timeout=3
ro.ril.enable.sbm.feature=1
ro.ril.disable.fd.plmn.prefix=23402,23410,23411
ro.ril.enable.sdr=0
ro.ril.oem.mosms.mode=1
ro.telephony.default_network=2
ro.ril.def.agps.mode=2
ro.ril.def.agps.feature=2
ro.ril.disable.power.collapse=1

以上です。

2011年1月21日金曜日

AdMakerとAdlantisの比較(利用1日の感想)

Androidアプリに広告を組み込んでいるが、ひとつのアプリをAdlantisからAdMakerに変えてみました。
で、両方1日(AdMakerは1時間ほど)しか使っていないけど両者の比較を。

1.実装
Adlantisの方がスマート。
Adlantisはソースコードに手を加えなくても良いけど、
AdMakerは広告を表示するActivityにコードを追加しないといけない。
これはちょっとイヤ。
この感覚分かるかな。

2.チュートリアル
これもAdlantisの勝ち。
AdMakerはパワポ資料がjarファイルに同梱されてるが、
貼り付けろと言うコードをそのままコピペすると、
全角スペースやらムダな改行があってめんどくさい。
あと、日本語が間違ってる。
こういうのは本当に勘弁して欲しい。
AdlantisはAdlantisでチュートリアルそのままではエラーになりますが。

3.管理系
これは引き分け。マストシステムならAdlantisの勝ち。
どっちも足りない。
それぞれのイケてない点は以下のとおり。
-Adlantis
管理画面に複数のアプリの収益合計が表示されない。
現金化の方法が分からない。(ヘルプにも説明がないw)
マーケットのURLを正しくないと言われる。
-AdMaker
パスワードがそのまま送ってくるし、変更もできない。
広告枠名の編集ができない。

4.広告
これもAdlantisの勝ち。
AdMakerは自社(ノボット社の)広告しか表示されないんですが。
あと、レイアウト上は縦70dpとあるのに、
配信される広告の縦は50dpくらいかな。
合わせてよ。

多分、Adlatisにします。

AdMakerは正直言ってマーケットが大きいから早く手掛けようという気持ちが強すぎて、
サービスレベルが低すぎる。
チュートリアルがその体をなしていないとか、
パスワードを平文で送ってくるとかあり得ない。
いくらネットのサービスだからといって、バグがなければ良いってもんでもないよ。

「メモリアルメモったー」のバグを修正しました。

記念日リマインドアプリ「メモリアルメモったー」のバグを修正しました。
ある条件の時に「あと○日」形式の日数計算が間違っていました。

もし興味を持たれた方は、下記のQRコードを読んで、
マーケットからダウンロードしてください。

2011年1月19日水曜日

「ねちゃったー」の動作スピードを速くしました。

元・ソーシャルモーニングコールアプリ「ねちゃったー」の、
「スヌーズ」「停止」を押した際にアラーム音が止まるまでのタイムラグを短くしました。

ツイート文面を作成してツイートする処理をスレッド化して、
ボタンを押してからアラーム音停止までの時間を短縮しました。

実は以前から複数のユーザーの方から、
「止めてもすぐに止まらないのが不便」との報告があったのですが、
私自身がその問題をあまり問題視してなかったのです。
しかし、最近それが気になってきてしまいまして、
今回の改修に至ったわけです。
黙殺した形になってしまって申し訳ございませんでした。

すぐ止まってしまうので逆に不安になってきましたw

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)