ラベル apps の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル apps の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年2月19日火曜日

「ねちゃったー」をApp Storeに申請しました!

クラウドソーシングによるグローバルでの開発を試みた「ねちゃったー」ですが、ようやくバグの修正、および日本語化が完了し、「ねちゃったー for iPhone」というアプリ名でApp Storeに申請しました。

ここから約2週間掛かるそうですが、待ち遠しいです。

2013年2月18日月曜日

「採点しようぜ」のアイコン制作をクラウドワークスを使ってやってみた。

無事App Store上でも公開されたボクシング採点アプリ「採点しようぜ」ですが、当初のアイコンは自作でダッサダサでした。

そこで、クラウドワークスを使ってアイコンを制作していただける方を募集しました。
https://crowdworks.jp/public/jobs/4153

価格は申し訳ないくらい安くて、3000円

それでもありがたいことに3人の方が応募してくれました。

結局、メッセージで色々コミュニケーションが取れた方に発注しました。
https://crowdworks.jp/public/employees/2497

普段はランサーズで受注しているそうで、最低でも1案件1万円で仕事をされている方です。
http://www.lancers.jp/profile/GAP_STUDIO

そして、制作していただいたアイコンがこれ↓

期待どおりクオリティが高く大満足です。
そしてタイトル画像も作っていただきました。

当然ですが、下手に自分で作るよりもプロにお願いした方が絶対に良いです。

自分で作ってもしょーもないアイコンしかできなくて悩んでいる方の参考になれば。


「ねちゃったー」の日本語化をクラウドワークスを使ってやってみた。

前回の続きです。

Freelancer.comを使ってインドの方に開発していただいたのでもちろん英語で納品されました。

しかし、僕自身が日本人ですし、Android版「ねちゃったー」のユーザーはほぼ日本人なので、日本語化が必須です。

最初は自分でやろうとしたのですが、ここでもObjective-Cのさっぱりさにより断念。

というわけで、クラウドワークスで日本語化してもらう方を募集しました。
https://crowdworks.jp/public/jobs/4676

ご提案内容で金額に幅はあったのですが、今回は機能のブラッシュアップやバグ修正もお願いしたかったので、それも含めてご提案していただいた方に発注しました。
https://crowdworks.jp/public/employees/1307

価格は3万円
日本語化だけならもう少し安く抑えられたと思います。

で、発注後すぐに日本語化されてきました。
慣れてる人だとすぐできるようですね。

あといくつか機能追加もしてもらいまして、予定の10日間から大幅前倒しの4日間で納品していただきました。

最初から高いクオリティでしかも超速対応。
海外との比較で価格が多少高くなろうが、こういうところに大きな価値があります。

そこを重視せず極力費用をかけないのであれば、日本語が堪能な外国人も世界にはたくさんいるようなので、海外のクラウドソーシングサービスで日本語化をするのも良いかもしれないです。

海外でアプリを作ってもらった後の日本語化について方策を検討されている方の参考になれば。

「ねちゃったー」のiPhoneへの移植をFreelancer.comを使ってやってみた。

2010年にAndroid版の「ねちゃったー」をリリースしました。
思いがけずそこそこの反応が得られていくにつれ、iPhone版をリリースしたい気持ちが出てきたのですがObjective-Cがまったく分からず諦めていました。

そんな中、今回クラウドソーシングの利用実験に参加する機会に恵まれ、「ねちゃったー」をiPhoneに移植することを題材に選びました。

予算は限られているので国内サービスの利用はできず、以前利用したFreelancer.comを利用することにしました。
こんな感じ↓で募集しました。
https://www.freelancer.com/projects/Java-iPhone/Convert-Android-app-iOS-app.html

いろんな国の人から応募がありましたが、なかなかポートフォリオの粉飾が疑われる人も散見され、それがある特定の国の人ばかりだったのでその国の方は応募内容を見ずに無条件で無視しました。
(だってさ、例えばリアルサッカー(https://itunes.apple.com/jp/app/id533391633)を開発しました!っていう人がいて、それって携わったのかもしれないけどよく聞く「アレオレ詐欺」に近いでしょw)

結局、提示価格とポートフォリオを判断基準として、インドの方にお願いすることにしました。
この方↓です。
https://www.freelancer.com/u/kantisuthar.html

価格は300ドル!(その後仕様追加により360ドルになりました。)

移植とはいえ言語が違うので実質的な新規開発であり、この値段は破格だと思います。
移植の良いところは仕様の説明があまりいらないことくらい。

で、上がってきた初版がこれ↓

正直、これはないで、というデキ。
まずどうやってアラームを追加するか分からない。
色々画面を触ってると、画面一番下のグレーのエリアをタップするとアラーム追加ボタンと設定ボタンが表示されました。

これは僕の説明不足だったせいもあり、元のAndroid版の画面がこれ↓

この場合、端末のmenuボタンを押すと画面下にアラーム追加ボタンと設定ボタンが表示されます。
つまり動作的には似てるといえば似てます。
でもそこはいくら説明不足とはいえ、OSによる操作系の違いとして、iOS標準の操作ができるようにしてほしかった。

なので、その他諸々の仕様変更をお願いしたところ、出てきたのがこれ↓

アラームのリストの一番下にアラーム追加ボタンを常に表示させるようにし、設定変更は画面上のボタンからできるようにしてもらいました。
ここまで到達するのに1ヶ月。応募時点では8日でできる、とのことでしたが。。。

納期については目をつぶるとして、最終的な成果物には満足なレベルに達しました。

そして、この人の良いところは、納品後のサポートも追加料金なしでしてくれるところ。
僕のテスト不足により納品前には発見できなかったバグを数時間で修正してくれました。
今後App Storeに出してrejectされた場合にも対応してくれるそう。
最初の成果物のクオリティにはビックリしたけど、ここまで責任感を持って対応してくれるなら安心です。

海外クラウドソーシングを使ってアプリを作ることをご検討の方の参考になれば。

※なお、まだApp Storeには上げていません。

2013年2月17日日曜日

ボクシング採点アプリ「採点しようぜ」、リリースされました!

iPhoneユーザーとの親和性など無視して、テレビでボクシングをしてたのを見たノリで作ったアプリ「採点しようぜ」が、一度rejectはされましたが、とうとうReady for Saleになりました。

https://itunes.apple.com/jp/app/score-it!/id598645424

こういうアプリは100%一般ウケしないのでどうやって認知度を広げようか考え中。

2013年2月8日金曜日

In Reviewになった!しかし即reject!

午前3時ちょうどに「In Review」になった旨の通知が来てたことに今朝気づいた。
その1時間半後の午前4時31分にAppleからもう一通、「App Submission Feedback」という件名のメールが来てた。

中を見てみた。

Your app アプリ名 has been reviewed, but we are unable to post this version. For details, or to directly contact the App Review team, visit the Resolution Center in iTunes Connect.

いきなりrejectかよorz

というわけで、今からその理由を探りにiTunes Connectを見に行く。

【追記】
理由は、アプリ自身がどうのこうのではなく、全ユーザー対象のアプリで申請してるのに、広告にいかがわしいやつがあるよ、っていうことでした。
確かに出会い系サイトのバナーが出てた。
スクリーンショットを差し替えたらOKっぽいので広告が出ていないスクリーンショットにしよう。

2013年2月1日金曜日

ボクシングの採点アプリをAppStoreに申請しました。

Android版で先にリリースしていたボクシングの採点アプリをiOSに移植して、AppStoreに申請しました。
これが初iOSアプリです。
無事一発で審査に通るでしょうかね。

しかし、Androidに比べるとStoreにアップロードするまでが格段にめんどくさい!

これが2月1日の出来事。
すぐに「Waiting For Review」になったが、これが次に「In Review」になるらしい。
いつになることやら。

2013年1月24日木曜日

[PhoneGap2.3.0]ボクシングの採点アプリ、できました。

とりあえずPhoneGapでアプリを作ってみようと思い、自分でもニーズはなかったのですが、たまたまテレビでボクシングをやってたので、それに影響されてラウンドごとに採点して記録するアプリを作りました。

昔、よく採点してたよなぁ。山本に影響されて。

それはともかく、ディープなボクシング好きなら間違いなく誰もがやっているであろう、テレビや会場で試合観戦しながらの採点。
でも、こんなにスマホを持ってる人が増えてるのにわざわざチラシの裏に書いてる。
しかも調べてみたらまともな採点アプリがない。(「ニーズがないからや」とか言わない。)

というわけで、PhoneGapの勉強がてら作りました。

興味があったらダウンロードして使ってください。

「採点しようぜ」
-Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kyosuke25.socialboxing
-iPhone版
開発中

2010年11月9日火曜日

日本でSkype for Androidをインストールする方法(過去の話)

【正式公開になったのでもうこんなやり方は不要です!】

日本ではAndroidマーケットからSkypeはインストールできません。
でも、Androidマーケット以外からだとインストールできます。
しかもRoot化している必要はないです。
そのままの状態でインストールできます。

以前紹介した、AppBrain(→ここ)というサイトを使います。

では、その手順。

1.【PC】
AppBrainにユーザー登録します。
※といっても、Googleのアカウントとパスワードを入力するだけです。

2.【Android】
Androidマーケットから以下の2つのアプリをインストールします。
※「appbrain」で検索すると両方出てきます。
a.AppBrain App Market
b.Fast Web Installer

3.【Android】
aのアプリを立ち上げて、「Manage Your Apps」を選択して、
画面右上にある「Sign in」をクリックしてサインインします。
※認証はGoogleアカウントを使うので、
ブラウザが立ち上がってGoogleのパスワード入力画面が表示されます。

4.【Android】
bのアプリを立ち上げて、「Continue」ボタンを押します。
その後表示される「許可」ボタンを押すと、
「Fast web install enabled」と表示されるので、
「OK」ボタンを押します。
※アプリが閉じますが正常な挙動です。

5.【PC】
AppBrainのサイトで、「skype」を検索します。

6.【PC】
一番上に目的のアプリが表示されているはずのでクリックします。

7.【PC】
「Skype」の説明ページが表示されるので、
画面左上の方にある「インストール」ボタンを押して、
表示される画面の「このアプリケーションをインストールする」ボタンを押します。

8.【Android】
Androidの画面を見てみると、何やら勝手にダウンロードが始まってます。
しばらく待つと、無事インストールが完了します。

以上です。
何かの参考になれば。

他のアプリもこの手順でPC側からブラウザ経由でAndroidにインストールできます。

2010年9月19日日曜日

Android端末をWebカメラに!「IP Webcam」

【セルフPR】
・ねこぱβ(http://cat.picparks.com
・いぬぱβ(http://dog.picparks.com
も見てくれると嬉しいです。

---

タイトルそのまんまですw

映像の見方は、
1.VLC Viewer
2.Java
3.JavaScript
4.ブラウザ組込Viewer(詳細不明だが、FirefoxとChromeが対応)
の、4つ用意されていて、
2以降はブラウザから見れます。

4しか動作確認できなかったですが、動きはカクカク。
でも、別にリアルタイム性を要求されるアプリじゃないので、
いいんじゃないでしょうか。

オススメ設定は、イメージサイズを小さくすること。
※Image sizeで設定できます。

AppBrain上の説明はこちらから。

2010年9月17日金曜日

ROM焼き人必須!AppBrainは超絶便利です。

【セルフPR】
・ねこぱβ(http://cat.picparks.com
・いぬぱβ(http://dog.picparks.com
も見てくれると嬉しいです。

---

AppBrain(→ここ)というAndroidマーケットのクローンサイトがあります。

このサイト、日本語が結構変ではありますが、
それを覆して余りあるスーパー便利機能が有しています。

その前に、このサイトが提供する2つのAndroidアプリをご紹介。
(いずれもAndroidマーケットからダウンロードできます。)

1.AppBrain App Market
2.Fast Web Installer

この2つのアプリを両方インストールすることで、
スワイプしてROM焼きしたときに、
元々入れていたアプリを新しい環境に何の苦労なく再現できるのです。

AppBrainのサイトが持つ機能として、
AppBrainのサイトを見ていて気に入ったアプリがあったら、
サイト上のアプリリストに登録できます。
2のアプリがAndroid端末にインストールされていれば、
そのアプリをサイトからもAndroid側からもインストールできます。

さらに、1のアプリは既にインストールしているアプリをリストアップして、
サイト上のアプリリストに自動で登録してくれます。

なので、ROM焼き前に1でアプリリストを作っておいて、
ROM焼き後に2でアプリの再現をすれば、簡単に作業完了です。


どうでしょうか。

あと、当然アプリリストの公開もできます。
私のアプリリストはこちら