ラベル other の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル other の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2011年7月4日月曜日

freelancer.comの使い方(発注先決定・支払編)

freelancer.comの使い方の後半です。
前回の「freelancer.comの使い方(発注先選定編)」はこちらから

案件の公開、発注先の選定に比べると用語が独特で分かりにくかったです。

では発注先の決定から支払の手順です。

1.
入札者の精査をして、発注しようという人を見つけたら、
「AWARD PROJECT」ボタン(画像の赤丸部分)を押します。
ちなみに、複数人に発注できるようです。
当然その分費用は掛かりますが。


2.
すると、入札者リストの上部に下の画像のような表示が出てきます。
ここで、まず「Create Milestone」(画像の赤丸①)をクリックします。
すると、その下に画像の赤丸②のような表示が出てきます。
ここに、フリーランサーが指定している「Milestone」の金額(※)を入力して、
その横にある「CREATE MILESTONE」ボタンを押します。
※「Milestone」は入札額の下に表示されています。
 下の画像の場合では「Fully paid」となっていますが、
 これは「Milestone」を支払済であることを示しています。

なお、「Milestone」とは前払金を意味する用語で、
発注者が成果物だけ受け取って逃げる事故と、
フリーランサーがお金だけ受け取って逃げる事故を避ける仕組みです。
一旦、「Milestone」を発注者からfreelancer.comが預かり、
案件終了後に発注者からの指示でフリーランサーに渡される、という流れです。
「Milestone」の金額は人によってまちまちで、
フリーランサーごとに入札額の下(画像の赤丸③)に表示されています。
表示されていない場合は「Milestone」は不要、という意味です。
一般的なmilestoneとは意味が違うのでご注意を。

「Milestone」の支払がないと案件に着手してくれないので、
発注したら早々に支払ったほうが良いと思います。


3.
案件がスタートしたら、後は直接案件の進捗や成果物についてやり取りをします。
今回はロゴの作成を依頼したのですが、
コンセプトの伝達から微修正含めて10往復くらいやり取りしました。

で、成果物に納得ができれば費用の支払をします。
「Transfer Funds」(画像の赤丸①)をクリックします。
すると、その下に画像の赤丸②のような表示が出てきます。
ここに入札金額と同じ金額を入力して、その横にある「TRANSFER FUNDS」ボタンを押します。

「Milestone」で全部充当できればそのまま支払は完了します。
足りない場合は別途Paypal等で入金した上で支払います。


4.
支払が完了すると案件終了となり、案件公開時に支払った5ドルが返金されます。

これがfreelancer.comのおおまかな使い方です。
もし使うことがあれば、その時は参考にしてもらえれば幸いです。

2011年7月3日日曜日

google+を使い始めると良いこと(その1)

Picasaの制限容量は1GBですが、google+を使い始めると長辺が2048ピクセルの写真と15分以内の動画が、
その制限から除外されるみたい。

確かにgoogle外に逃がすわけないし、Streamに画像やら動画流しているうちにPicasaの制限にすぐひっかかるわな。

というわけで、Picasaの空き容量が格段に増えましたとさ。

2011年6月30日木曜日

freelancer.comの使い方(発注先選定編)

先日、ひょんなことから「freelancer.com」を使うことがあり、
freelancer.com用語がよく分からずしょーもないことで時間を食ったので備忘録。
freelancer.comの日本語での使い方解説記事が見当たらなかったので、
「発注先選定編」「発注先決定・支払編」の2部構成でまとめます。
(ですが、ユーザー登録や入金等、別に困らなさそうなところは端折ります。)

まずはfreelancer.comの使い方前半の発注先選定から。
(後半の「freelancer.comの使い方(発注先決定・支払編)」はこちらから。)

0.
freelancer.comは簡単に言うと、案件を公開して世界中のフリーランスに入札してもらい、
誰に発注するかをプロジェクトの完了と費用の決済まで面倒を見てくれるサービスです。

1.
まずログイン。facebookのアカウントでログインできます。


2.
次に案件の登録。
「Post Project」をクリックします。見にくいですが下の画像の赤丸の場所です。


3.
案件の概要を英語で入力します。
詳しく書くに越したことはありませんが、
「この画像をレタッチして」とか「このサービスの営業して」みたいに、
かなり適当に書いてるものが多くあるので、
それほど詳細に書かなくても大丈夫っぽいです。
他には
・案件対応に必要なスキル
 Category(画像の赤丸①)を選ぶと、必要なスキル(画像の赤丸②)が自動的に選択されます。
 プロジェクトの内容に応じてスキルを追加したり削除したりできます。
・予算
 最低30ドルからで範囲指定もできるし、ピンポイントで指定もできます。
・入札期間
 デフォルトが5日です。
・その他オプション
 目立たせたり、誰が入札してるのかを他の人から見えなくしたりできます。
 追加費用が掛かるし、試してませんので詳細不明。


4.
入力内容を確認します。
この内容で良ければ「POST PROJECT NOW」を押します。
ただ、プロジェクトを公開するにはデポジットとして5ドル必要です。
これはプロジェクトが完了したタイミングで戻ってきます。
画面右上の「Balance」に表示されている金額が5ドルに満たなければ入金画面に遷移します。
(入金にはPaypalが使えるので、説明は省略します。)


5.
あとは入札(bid)を待つのみです。
入札の一覧は「Dashboad」→「My project」で開く画面に表示される、
プロジェクト名のリンク(画像の赤丸部分)をクリックすれば確認できます。
(画像では「Past Project」タブにプロジェクトが表示されていますが、
 公開中のプロジェクトは「Open for Bidding」に表示されます。)


6.
プロジェクトに対する入札一覧は下の画像のような画面に表示されます。
各入札の内容を見たり、入札をしてきた人にメッセージを出したりできます。
また、気に入らなければ「Hide Bid」を押すと消えます。(厳密には「Hidden Bids」タブに移動します。)


7.
プロジェクトの公開時に設定した期限まで入札内容を吟味します。
(気に入った人が見つかれば期限前に決定することも可能です。)
なお、設定した期限までに発注先を決めないと、
デポジットの5ドルは没収されますのでご注意を。

発注先選定はこれまです。
発注先決定・支払編に続きます。

2011年6月29日水曜日

freelancer.comを使って思ったこと。

クラウドソーシングサービス(というよく分からないジャンル)の「freelancer.com」を使ってみた。

「ロゴを作って欲しいのだが」という人がいたので、
俄に話題になっていたこのサービスを使うことにした。

たった30$でロゴが1つできあがる。
個別にロゴ作成を依頼すると1万円位掛かったりするのが、たった30$。
しかも早くてクオリティが高い。
もちろん日本語はほぼNGやけど、サイトのロゴはだいたい英語やし。

入札してきた人が約60名いるけど、インドが33%、パキスタンが20%、
その他ボリビアとかモロッコとか諸々。

これらの国にとっては物価から考えるに、30$っていうのは大金のはず。
なので、こちらの納得のいく成果物になるまで必死でやってくれる。
文化の違いとか感性の違いか「こんな感じで」というのがなかなか伝わらないけど、
何度でも修正に応じてくれるので問題なし。

ロゴ作成の話やと、例えば6,000円でロゴ作るよと営業して、
30$でやってもらえば3,500円近く抜ける。
こういう類の作業、例えば似顔絵描きとかでもやれば、
軽いお小遣い稼ぎにはなるよね。
どうやって認知させるかに苦労しそうやから多分しないけど。

freelancer.comのトップページにあるカテゴリーリストを見ると、
やってもらえることがかなり多岐に渡るので、
日本人でないとできない作業・業務でなければ、試しに利用してみたら良いと思う。

すごいね、グローバル化。

2011年5月8日日曜日

Apache が悪いのか、何が悪いか分からんが。

Wordpress をインストールして、固定ページにアクセスすると、
コンテンツが画像と判定されてダウンロードが始まる。

Content-type を見ると、text/html じゃなくて、image/ になってた。

Chrome では100%発生するし、
Firefox とかIE でもたまに発生するので、
Apache のせいかもしれない。

で、Apache の設定をいじってるので、ひとつひとつ潰すと、
disk_cache を有効にしているとダメっぽかったので、
とりあえずコメントアウト。

これで解決。

2011年5月6日金曜日

OGP対応したものの・・・

個別記事の管理用ページとインサイトへのリンクが表示されない。

要解決。

<追記>
og:type を article から blog に変えたら表示された。
しかし、Facebookのヘルプを見ると、 blog にしていいのはトップページだけで、
それ以外は article にしろとのこと。
Do not use って書いてるくらいなので、ダメなんでしょう。

というわけで、表示されないままでいきます。

OGP対応まとめメモ

設定のたびに、
http://blog.livedoor.jp/gx_socialmedia_lab/archives/2624886.html
を参照しているが、
しばらくするとこのページの存在を忘れそうなので、
備忘録代わりに設定メモ。

1.アプリ登録
http://developers.facebook.com/setup/
App IDをメモっておく。

2.Likeボタンのコード取得
http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like/
「STEP1」の部分。

3.OGP用コードの取得
http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like/
2と同じページの「STEP2」の部分。

4.OGP用コードの修正
metaタグの fb:admins を fb:app_id に変えて、1で取得したApp IDをその値とする。

5.descriptionの設定
<meta property="og:description" content="">
を設定。
contentに任意の文字列を設定。

6.htmlタグに属性2つ追加
xmlns:og="http://ogp.me/ns#"
xmlns:fb="http://www.facebook.com/2008/fbml"

7.チェック
http://developers.facebook.com/tools/lint

Bloggerだと、
■ブログのタイトル下に表示する場合

<iframe allowTransparency='true' expr:src='"http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=" + data:blog.homepageUrl + "&send=true&layout=standard&width=100%&show_faces=true&action=like&colorscheme=light&font&height=65"' frameborder='0' scrolling='no' style='border:none; overflow:hidden; width:100%; height:65px;'/>


■ブログの各記事のタイトル下に表示する場合

<iframe allowTransparency='true' expr:src='"http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=" + data:post.url + "&send=true&layout=standard&width=100%&show_faces=false&action=like&colorscheme=light&font&height=80"' frameborder='0' scrolling='no' style='border:none; overflow:hidden; width:100%; height:80px;'/>

2011年2月28日月曜日

Googleカレンダー用2011年シーズン阪神戦スケジュール

androidは全然関係ないですが、せっかく作ったので公開します。

Googleカレンダー用の2011年シーズン阪神戦スケジュールです。
http://bit.ly/e4GKJ7(Googleカレンダーにリンクします。)

表示後、画面右下の「+Googleカレンダー」というボタンを押すと、
お使いのGoogleカレンダーに取り込まれます。

表記をカスタマイズしたり、オリジナルのカレンダーとして使いたい、
というご希望がありましたら、ソースのCSVを差し上げますので、
TwitterでDMかMentionをください。
Twitterのアカウントは、ky25_android です。

2011年1月21日金曜日

AdMakerとAdlantisの比較(利用1日の感想)

Androidアプリに広告を組み込んでいるが、ひとつのアプリをAdlantisからAdMakerに変えてみました。
で、両方1日(AdMakerは1時間ほど)しか使っていないけど両者の比較を。

1.実装
Adlantisの方がスマート。
Adlantisはソースコードに手を加えなくても良いけど、
AdMakerは広告を表示するActivityにコードを追加しないといけない。
これはちょっとイヤ。
この感覚分かるかな。

2.チュートリアル
これもAdlantisの勝ち。
AdMakerはパワポ資料がjarファイルに同梱されてるが、
貼り付けろと言うコードをそのままコピペすると、
全角スペースやらムダな改行があってめんどくさい。
あと、日本語が間違ってる。
こういうのは本当に勘弁して欲しい。
AdlantisはAdlantisでチュートリアルそのままではエラーになりますが。

3.管理系
これは引き分け。マストシステムならAdlantisの勝ち。
どっちも足りない。
それぞれのイケてない点は以下のとおり。
-Adlantis
管理画面に複数のアプリの収益合計が表示されない。
現金化の方法が分からない。(ヘルプにも説明がないw)
マーケットのURLを正しくないと言われる。
-AdMaker
パスワードがそのまま送ってくるし、変更もできない。
広告枠名の編集ができない。

4.広告
これもAdlantisの勝ち。
AdMakerは自社(ノボット社の)広告しか表示されないんですが。
あと、レイアウト上は縦70dpとあるのに、
配信される広告の縦は50dpくらいかな。
合わせてよ。

多分、Adlatisにします。

AdMakerは正直言ってマーケットが大きいから早く手掛けようという気持ちが強すぎて、
サービスレベルが低すぎる。
チュートリアルがその体をなしていないとか、
パスワードを平文で送ってくるとかあり得ない。
いくらネットのサービスだからといって、バグがなければ良いってもんでもないよ。

2011年1月19日水曜日

Adlantisに変更してみた。実装例あり。

【セルフPR】
・ねこぱβ(http://cat.picparks.com
・いぬぱβ(http://dog.picparks.com
も見てくれると嬉しいです。

---

拙作アプリ「ねちゃったー」の広告表示モジュールをAdmobからAdlantisに変更してみました。
# べ、別にGREEのAtlantis買収にかこつけた変更じゃありません。

AdlantisがAdmobに比べて良いところは日本語なので説明が分かりやすいところ。
広告収入は考えていないのでインプレッションとかはどうでもいいw

「コードの更新があります」とか意味不明な表示が出ていたのも原因。
jarファイルを差し替えても直らないからひそかに腹立ってました。

さて、これだけではアレなんで、デフォルト以外の実装例を書いておきます。

デフォルトでは広告は上部に表示されます。
下部に表示したいときは、レイアウトファイルに貼り付ける広告枠コードの属性に、
android:layout_gravity="bottom"

を追加するだけです。

あと、2011年1月19日時点で、広告枠コードに
android:id="@+id/adView"

という属性が重複してるのでそのまま貼り付けただけではエラーになります。
ご注意を。

2010年10月13日水曜日

オンラインでバージョン管理したい全ての人へ。assemblaを使おう!

あっちゃこっちゃでソースを書いていて、
それを一元管理したいことってしょっちゅうある。

そんなとき、assemblaがオススメ。
超便利すぎて泣ける。

2GBまでなら、いくつでも非公開のレポジトリが作れる。
Githubがあるやんけと言うかも知れないけど、
無料会員の場合、容量は少ないは非公開にはできないは作れるレポジトリが1個だけ。

assemblaは全ての面で上回る。

是非使ってみてください。

2010年9月19日日曜日

アプリ開発者、必見!アイコンたっぷりサイト「IconsPedia」

個人でアプリを開発していて困るのがアイコンじゃないですかね。
それを一気に解決してくれる、フリーのアイコン盛りだくさんのサイトを教えてもらいました。
@UrawaLoverさん、ありがとう!

「IconsPedia」(→こちら)がそれです。

アプリも作れてアイコンデザインもできるっていう、
多才な人はすごくうらやましいな。

2010年9月15日水曜日

Bloggerでのgo2web20のFollow meバッジ対策

画面右端に表示されている「Follow meバッジ」ですが、
ここ→http://www.go2web20.net/twitterfollowbadge/
でコードが取得できます。

が、Bloggerではそのまま</body>の直前に貼りつけても動きません。
下記URLにその対応方法を見つけたので備忘のためにエントリー。
http://jutememo.blogspot.com/2009/12/blogger-twitter-follow-me.html

scriptタグの後ろにあるコメントタグ内の<と>の部分を、
赤くなっているところの記述に変更するだけです。

<script src='http://www.go2web20.net/twitterfollowbadge/1.0/badge.js' type='text/javascript'></script>
<script type='text/javascript' charset='utf-8'>
&lt;!--
tfb.account = 'ky25_android';
tfb.label = 'follow-me';
tfb.color = '#35ccff';
tfb.side = 'r';
tfb.top = 136;
tfb.showbadge();
--&gt;
</script>

2010年9月7日火曜日

グルーポン(Groupon)系サービスに関する考察

グルーポン(Groupon)っていうワードがどのくらいバズってるのか、
というのを検証したいので、あまり意味なくエントリーを増やしてみる。

グルーポン(Groupon)系サービスは、
自分でやる可能性は限りなく低いけど、
知人の扱う商品の販売を手伝うのに使うことはあり得るので、
一般に認知される前にある程度の方法論を検討したい。

なので、現時点の考えを整理して残しておこうと思う。
ただし、思いついた項目ごとに書いているので、順番はバラバラ。
随時アップデートするかも。

2010年8月5日木曜日

ソーシャル化

Webに関わるアプリケーションやサービスをソーシャル化すると、
自分だけの閉じた世界に他人が絡んでくるので、
通常は元の状態より面白くなくなることはない。
(MMORPGのように、人によって合う・合わないがあるけど、大概の場合は当てはまるはず。)
もっと極端に言うと、アプリケーションやサービスのブラッシュアップの行き着くところは、
ソーシャル化だと思う。

そうなると、他人をいかにして関わらせるかが最大の課題となる。
まずユーザーを集めるのが大変、
そこから一から他人との関係(ソーシャルグラフ)を構築していくのはもっと大変。

これを自分でやると多分失敗する。
どっかの業界にありがちな「独自」へのこだわりを、
(特にコア以外では)捨てないと勝てない。
※ここでの勝ち負けは、使ってもらえるかどうかっていうこと。

じゃあどうするのかというと、
既存のソーシャルグラフをまんま利用させてもらうのが一番近道。
一番オープン化されているTwitterのソーシャルグラフを利用するのがベスト。
mixiでもなんでも良いと思う。

なので、Twitterとのつなぎ込みが必須になるものの、
そうなるとOAuthやXAuthでつまづいたりでうまくいかず、
アプリケーションやサービスの本質以外の無駄な時間が発生することが多々ある。

そこで。
この間クソTwitterクライアントを作ったが、
Twitterのつなぎ込みロジックを独立化(クラス化、アクティビティ化)しているので、
この部分を流用すれば何でもソーシャル化できる。
このアクティビティ群を公開しようと思う。

お金取れるかな。
無料は広告付き、有料で広告非表示、
というのが落としどころかな。

とりあえず、欲しいという方はご連絡ください。

2010年7月28日水曜日

twitterクライアント開発でOAuthを使う方法(調べた内容の備忘録)

OAuthでできなかったのは、ブラウザに一旦制御を預けたら、
こちらに戻ってこなかったから。

でも調べてみると、WebViewなるビューがあって、
これを通じてブラウザ機能が使えるとか。

ってことはOAuth対応もできるんじゃないのかな。

よく分からないけど、作ってみてから判断。

超簡易twitterクライアント開発を通じて学んだこと。

Twitter4jの使い方部分で分からないところは置いておいて、
このアプリ開発でできたこと。

・2つのアクティビティを作る。
・インテントを使ったアクティビティ間の情報のやり取り
 startActivityによる片道、
 startActivityForResultによる往復ともにできた。
・設定ファイル(?)への書き出し
・xAuth

とりあえず、マニフェストファイルがまだ分からない。
買った本にはまともな説明がない。
追々勉強。

2010年7月26日月曜日

インテント

android独自の仕組みでかなり使えるという、
「インテント」がまだちょっと分からない。

アプリ間で情報を受け渡すオブジェクト的な理解でいるけれど、
まだまだ分かっていないので実際に扱えない。

例えば、ブラウザで取得したデータ
(twitterのOAuth認証で取得したaccess_tokenとか、検索結果とか)を、
アプリに戻してからブラウザが閉じる、みたいな挙動が実現できない。

これはインテントを使ったアプリ連携の仕組みが分かってないから。

今の課題。