2011年1月19日水曜日

Adlantisに変更してみた。実装例あり。

【セルフPR】
・ねこぱβ(http://cat.picparks.com
・いぬぱβ(http://dog.picparks.com
も見てくれると嬉しいです。

---

拙作アプリ「ねちゃったー」の広告表示モジュールをAdmobからAdlantisに変更してみました。
# べ、別にGREEのAtlantis買収にかこつけた変更じゃありません。

AdlantisがAdmobに比べて良いところは日本語なので説明が分かりやすいところ。
広告収入は考えていないのでインプレッションとかはどうでもいいw

「コードの更新があります」とか意味不明な表示が出ていたのも原因。
jarファイルを差し替えても直らないからひそかに腹立ってました。

さて、これだけではアレなんで、デフォルト以外の実装例を書いておきます。

デフォルトでは広告は上部に表示されます。
下部に表示したいときは、レイアウトファイルに貼り付ける広告枠コードの属性に、
android:layout_gravity="bottom"

を追加するだけです。

あと、2011年1月19日時点で、広告枠コードに
android:id="@+id/adView"

という属性が重複してるのでそのまま貼り付けただけではエラーになります。
ご注意を。

「ねちゃったー」、窓の杜デビューしましたw

「ねちゃったー」が窓の杜に掲載されました~!

感慨深いですな。

窓の杜の担当者様、ありがとうございました。

記事はこちらです↓
http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/androidlab/20110112_419701.html

2010年11月20日土曜日

「ねちゃったー」にツイートの文末に付加する文字の変更機能を追加しました。

元・ソーシャルモーニングコールアプリ「ねちゃったー」に、
アラームを止めたときのツイート文の最後に付加する文字を、
任意の文字に変更できる機能を追加しました。

同じ文面のツイートはある程度の時間を置かないとエラーで弾かれるので、
それを回避する必要があります。
そこで苦肉の策としてジャマではありますが、
文末に文字を自動的に付加していました。

デフォルトでは「w」を付けるようにしていますが、
いくつかご指摘をいただいていたので変更できるようにしました。

もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)

2010年11月13日土曜日

「ねちゃったー」にツイート文変更機能を追加しました。

元・ソーシャルモーニングコールアプリ「ねちゃったー」に、
アラームを止めたときのツイート文を任意の文章に変更できる機能を追加しました。

時々お使いいただいているごく少数の方々からご指摘をいただいていた機能です。

しかし、この機能追加により、ツイートをきっかけに、
フォロワーから起こしてもらうというソーシャル性が失われたことになり、
世界初のソーシャルモーニングコールアプリは死んだのですw
おおげさですけど。

なので、冒頭で「元」ソーシャルモーニングコールアプリと書いたわけです。

ですので、今後は自動ツイート機能付き目覚ましアプリという位置づけになります。


もしお使いいただけるようでしたら、
下記QRコードからお願いいたします。(マーケットにリンクします。)

2010年11月9日火曜日

日本でSkype for Androidをインストールする方法(過去の話)

【正式公開になったのでもうこんなやり方は不要です!】

日本ではAndroidマーケットからSkypeはインストールできません。
でも、Androidマーケット以外からだとインストールできます。
しかもRoot化している必要はないです。
そのままの状態でインストールできます。

以前紹介した、AppBrain(→ここ)というサイトを使います。

では、その手順。

1.【PC】
AppBrainにユーザー登録します。
※といっても、Googleのアカウントとパスワードを入力するだけです。

2.【Android】
Androidマーケットから以下の2つのアプリをインストールします。
※「appbrain」で検索すると両方出てきます。
a.AppBrain App Market
b.Fast Web Installer

3.【Android】
aのアプリを立ち上げて、「Manage Your Apps」を選択して、
画面右上にある「Sign in」をクリックしてサインインします。
※認証はGoogleアカウントを使うので、
ブラウザが立ち上がってGoogleのパスワード入力画面が表示されます。

4.【Android】
bのアプリを立ち上げて、「Continue」ボタンを押します。
その後表示される「許可」ボタンを押すと、
「Fast web install enabled」と表示されるので、
「OK」ボタンを押します。
※アプリが閉じますが正常な挙動です。

5.【PC】
AppBrainのサイトで、「skype」を検索します。

6.【PC】
一番上に目的のアプリが表示されているはずのでクリックします。

7.【PC】
「Skype」の説明ページが表示されるので、
画面左上の方にある「インストール」ボタンを押して、
表示される画面の「このアプリケーションをインストールする」ボタンを押します。

8.【Android】
Androidの画面を見てみると、何やら勝手にダウンロードが始まってます。
しばらく待つと、無事インストールが完了します。

以上です。
何かの参考になれば。

他のアプリもこの手順でPC側からブラウザ経由でAndroidにインストールできます。

2010年10月13日水曜日

オンラインでバージョン管理したい全ての人へ。assemblaを使おう!

あっちゃこっちゃでソースを書いていて、
それを一元管理したいことってしょっちゅうある。

そんなとき、assemblaがオススメ。
超便利すぎて泣ける。

2GBまでなら、いくつでも非公開のレポジトリが作れる。
Githubがあるやんけと言うかも知れないけど、
無料会員の場合、容量は少ないは非公開にはできないは作れるレポジトリが1個だけ。

assemblaは全ての面で上回る。

是非使ってみてください。

2010年9月21日火曜日

AppWidgetの背景色に透過率(アルファ値)を設定する方法

Androidアプリ開発でAppWidgetに限らないけど、色の透過率を設定する方法です。

色の設定はRGBで#ffffffという書き方で設定しますが、
#の直後に0x00~0xff(0(透明)~255(不透明))で透過率を設定します。
例えば、#80ffffffという具合。

あまりに常識的すぎるのか、全然説明が見つからなくて数時間ハマりました。

同じような人が出ないように、自分の無知を恥じながら残しておきます。

2010年9月19日日曜日

Android端末をWebカメラに!「IP Webcam」

【セルフPR】
・ねこぱβ(http://cat.picparks.com
・いぬぱβ(http://dog.picparks.com
も見てくれると嬉しいです。

---

タイトルそのまんまですw

映像の見方は、
1.VLC Viewer
2.Java
3.JavaScript
4.ブラウザ組込Viewer(詳細不明だが、FirefoxとChromeが対応)
の、4つ用意されていて、
2以降はブラウザから見れます。

4しか動作確認できなかったですが、動きはカクカク。
でも、別にリアルタイム性を要求されるアプリじゃないので、
いいんじゃないでしょうか。

オススメ設定は、イメージサイズを小さくすること。
※Image sizeで設定できます。

AppBrain上の説明はこちらから。

アプリ開発者、必見!アイコンたっぷりサイト「IconsPedia」

個人でアプリを開発していて困るのがアイコンじゃないですかね。
それを一気に解決してくれる、フリーのアイコン盛りだくさんのサイトを教えてもらいました。
@UrawaLoverさん、ありがとう!

「IconsPedia」(→こちら)がそれです。

アプリも作れてアイコンデザインもできるっていう、
多才な人はすごくうらやましいな。

2010年9月17日金曜日

ROM焼き人必須!AppBrainは超絶便利です。

【セルフPR】
・ねこぱβ(http://cat.picparks.com
・いぬぱβ(http://dog.picparks.com
も見てくれると嬉しいです。

---

AppBrain(→ここ)というAndroidマーケットのクローンサイトがあります。

このサイト、日本語が結構変ではありますが、
それを覆して余りあるスーパー便利機能が有しています。

その前に、このサイトが提供する2つのAndroidアプリをご紹介。
(いずれもAndroidマーケットからダウンロードできます。)

1.AppBrain App Market
2.Fast Web Installer

この2つのアプリを両方インストールすることで、
スワイプしてROM焼きしたときに、
元々入れていたアプリを新しい環境に何の苦労なく再現できるのです。

AppBrainのサイトが持つ機能として、
AppBrainのサイトを見ていて気に入ったアプリがあったら、
サイト上のアプリリストに登録できます。
2のアプリがAndroid端末にインストールされていれば、
そのアプリをサイトからもAndroid側からもインストールできます。

さらに、1のアプリは既にインストールしているアプリをリストアップして、
サイト上のアプリリストに自動で登録してくれます。

なので、ROM焼き前に1でアプリリストを作っておいて、
ROM焼き後に2でアプリの再現をすれば、簡単に作業完了です。


どうでしょうか。

あと、当然アプリリストの公開もできます。
私のアプリリストはこちら